丸山久美@mi mesa
スペインのお土産はこれ。

日本へのお土産を買いに
「Cacao Sampaka」カカオ・サンパカへ。

ミシュラン3つ星「El Bulli」の
フェラン・アドリアの弟アルベルトがプロデュースしたチョコレート屋さんです。



地下鉄AlonsoMartinez駅からすぐに
お店があります。






私が買ったのは上から
「木の実」「フルーツ」「スパイス」「花とハーブ」のチョコレート。
例えば「スパイス」にはサフラン、生姜、カレー風味などの小さなチョコレートが入っています。

日本のお土産にはちょっと重いのですが、
チョコレートコンフィチュールも買いました。
カシスチョコレートとトマトチョコレートの2種類です。



トマトなんてめずらしいですね。
チョコレートの中にトマトの酸味がほんのり。
パンにつけて食べています。

隣にはチョコレートカフェもあります。
しかし、夏休みでした!!
アイスクリーム食べたかったなぁ。。

店内などの写真がありませんが、
こちらに詳しい店内とチョコレート情報があります。
http://www.cacaosampaka.com/

ちなみにスペイン語で
チョコレートは「チョコラテ」。
この響きとても可愛らしいと思いませんか?
丸山 久美 / マドリッドへ / 21:21 / - / -


スペインの定食

「Menu del dia」は
今日のランチメニュー⇒定食です。

スペインの定食は
第1のお皿に始まり、第2のお皿があり、
最後にデザートが出ます。
たいがいそこにワインなどの飲み物も
付きます。

それぞれ3〜4つあるメニューから
選択します。楽しいですね。選ぶの。

日本大使館に行った帰りに、
近くのカジュアルレストラン「Barril y Botella」で昼食をとりました。



定食はどの店もあらかたスペインの家庭料理です。

一皿目。
長女が選んだのは「ガスパチョ」です。
中に入っているのは添えてあったパンを
ちぎって入れています。



私が選んだのは「魚介のサルピコン」サラダです。次女は「きのこと生ハムの炒め物」



二皿目。
長女は「ピストの卵添え」を。



次女は「鶏もも肉のロースト」を。



私は「メルルーサのソテー」を選びました。
私もピストにすれば良かった。。。
とちょっと後悔。



スペインのデザートと言えば、
「フラン」プリンが最もポピュラーです。
ホームメイドか確かめてからオーダーします。
間違いなく、濃厚で美味しいプリンが
出てくるはずです。



携帯で撮ったので画像悪いですね。
丸山 久美 / マドリッドへ / 23:47 / - / -


公園の中のレストラン

8月8日にも訪れた公園の中にある
「ALKALDE(La Funte del Berro)」。
前回は散歩の途中にふらりと寄りました。
この時は私がスペインを立つ2日前。
友人との最後のランチを楽しんだのでした。



コロン広場近くにある本店は
マドリッドのバスク料理の店として名高く、
訪れる人も多いでしょうが、
ここはまさに隠れ家的存在。



私たち一番乗りでした。
公園の緑の中にあるので、食事をしながら、
森林浴をしてるかのような心地よい空気。



お料理はあくまでもバスクの郷土料理ながら、
エレガントな演出。でもやっぱり本店の方が
メニューは充実していますが。。。
この贅沢な空間なのだから、そんなことを
言うのはご法度!

まずは皆で海老とイカ墨パスタのサラダ。



「ココチャとはまぐりのグリーンソース」
ココチャはメルルーサの下あごの部分。
1尾からほんの少ししかとれないので
高級品とされています。
やはり、かなり美味しい。




「タラのピルピル」
これはまさしく本物です。お店によっては
コーンスターチでとろりとさせている処もあるとか。
ゆっくりゆっくりお鍋をゆすりながらこそ、
美味しいソースができあがるんです。
ソースのふんわり加減が違います。



ピキージョ赤ピーマンの詰め物。
中身はひき肉です。
私はこういう「詰め物」系に弱いんです。。。



娘はやっぱりお肉。。
大きな肉団子です。
これはめずらしい鹿の肉を使い、
きのこのソースで煮込んでいます。

こういうのはバルでつまむ安いものの方が
おいしいねぇ。。と娘と私。。。



デザートは「スペイン風チーズケーキ」
「チョコレートケーキ(ブラウニー)」
「アップルタルト」
スペインのチーズを使ったケーキは
しっつこくなく美味しい。
写真にはないけれど「カバのシャーベット」
もおいしかった。



食後は5人それぞれが違う種類の
果物のリキュールを楽しみました。

丸山 久美 / マドリッドへ / 00:39 / - / -


娘のスペイン料理

今回はスペインに住んでいる娘の
手料理を充分に満喫しました。

研究心も旺盛。
なかなか手つきも良く、
味も良く、関心、関心。



これは娘作「レンズ豆の煮込み」です。
人参、じゃがいも、玉ねぎ、にんにくを
豚の脂身と煮込んでいます。

今回は豆料理を3回作ってくれました。
このレンズ豆と、「赤インゲン豆の煮込み」と
「ひよこ豆の煮込み」。

娘は近くの大きなスーパーマーケットで
まとめ買いをしています。



スペインは乾燥豆の種類が豊富です。
下は市場で売っているお豆です。



ところで、娘の行きつけのスーパーの
ショッピングカゴ。ひけるようになっているの。
これいいなぁ。。



丸山 久美 / マドリッドへ / 08:11 / - / -


アンダルシア料理

ちょっと遡りますが、8月上旬にマリカルメン夫婦と次女と一緒に「Cazorla」へ行きました。

アンダルシア地方ハエンにある
カソルラ山脈から名前をとったレストラン。
アンダルシア地方の料理が美味しいお店です。



「アスパラとサーモン」スペインの太いアスパラ、本当に美味しい。
その隣は豪快なサラダ。スモークした白身魚やサーモン、アンチョビ、野菜たっぷりに上等なツナ。このサラダの皮をむいたトマト。今回トマトの中で一番美味しかった。

「Berberecho」のワイン蒸し。
細長い貝はマテ貝「Navaja」です。

「子羊の炭火焼」じゃがいもとしし唐添えです。
ジューシーでした。



デザートは迷ったので、
3種類を一皿に盛ってもらいました。



満足の味でした♪
丸山 久美 / マドリッドへ / 11:37 / - / -


美術館三昧の日の食事

日本に戻りました。
マドリッド滞在中の写真を
少しずつですがアップしていこうと思います。

8月10日に娘たちと
ティッセン美術館、プラド美術館に行きました。
プラドでは「The Renaissance Portrait」
ルネッサンス ポートレイト展をやっていました!!
これには感激!
私の大好きなボッティチェルリの絵も♪

昼食はティッセン美術館の中にある
レストランにて。



メニューの一皿目は「すいかのガスパチョ」と
「ひよこ豆の煮込み」などのコンビネーション。



2皿目は「鶏肉の和風炒め??」を選びました。
ここは私達が注文したもの
どれをとっても「???」。。。
本などで褒めていたほどではありませんでした。
残念。

その夜、サント・ドミンゴ広場にある
「トゥルーチャ」に。



再びガスパチョを注文。
これぞ本来のガスパチョ。
生の野菜だけを使ったものです。
色は赤と思われがちですが、
実はこんな風にオリーブオイルが乳化して
ほんのりとピンク色なのが美味しいガスパチョです。



トッピングが出てこない時は、
添えられたパンをちぎって入れます。



「そら豆と卵」
ベビーそら豆と呼ばれる小さなそら豆は
甘くてやわらかい。黄身をつぶしながら
食べます。



「サーモンのカナッペ」



「スペイン風シシカバブー」



「ステーキ」しし唐とじゃがいも添え。
相変わらず娘たちはお肉ばっかり。。。
しし唐は運が悪いとすごく辛いのにあたる!



「鶏肉のにんにく風味」
この時は娘のボーイフレンド、ラウルも一緒でした。
彼の好物で、一緒に食事をするとこれを
よく食べています。おふくろ料理ですからね。




丸山 久美 / マドリッドへ / 01:06 / - / -


郊外にて

8月4日〜8日のこと

色々と事情があり、
郊外の家の整理をしました。

マドリッドから車で1時間半ほどの
小さな村Mangiron。
この時期は夏休みで来ている人たちも
少なくないようです。

結局4日間通うことになりました。
10時くらいから暗くなるまで
まる1日の作業。その合間、
毎回近くの村に昼ごはんを食べに行き。。
これが楽しみとなりました。

その中でも小さな小さな定食屋さんで食べた
「ひよこ豆のサラダ」がとても
美味しかったのです。
小さな店で夏の時期だけ
おばあちゃんが腕をふるって作る。
こういう店ですごく美味しいものに出会えたり
するんだなぁ。。。

豆と同じくらいの大きさのトマトとピーマン、
玉ねぎ。ビネグレットソースで和えています。
そのバランスが最高で、
暑い日にとてもさわやかでした。
これが今回の滞在の中で私にとって
1番美味しかった料理となりました!

写真はまた別のレストラン。別の日です。



この日の定食から
私は魚介のクリームスープ(この暑いのに。。)と
いわしを選びました。





デザートは「Filloas」スペイン風クレープです。
揚げてある生地がカリッとしていて美味しい。
中のカスタードはとろりん。



娘たちが食べた「牛肉とジャガイモの煮込み」。
お皿からソースがあふれちゃってます。



大きなプリン。



マドリッドに戻ると
もう夜遅く、軽く食べて、
倒れるように寝床に入るという毎日。
疲れました。。。
丸山 久美 / マドリッドへ / 06:40 / - / -


タパス。。。Estay

ここ3日ほど、朝晩すっかり
涼しくなりました。

まだ夜も暑かった、
8月8日のこと

散歩の後にサラマンカ地区にある
タパスバル「Estay」で夕食をとりました。



外観のシックな雰囲気と違い、
お店の中はソフィティケートされています。

なんとここにはタパスが100種類も。



ちょうどバカンスシーズンなので2階は閉まっていて、
この日は1階のテーブルを陣取りました。
写真ではわかりませんが、沢山の人で賑わっていました。



タパスは小皿に少しずつ出てくるのがうれしい。
「タラに蜂蜜入りアリオリソース」
カタルニア風ほうれん草と松の実、干しぶどうの
炒め物。美味。



「ズッキーニの詰め物」
中には海老とイカが入っています。
やさしい味。



「海老とイカのサラダ」
ロメスコ風のソースが魚介とよく合っていました。
奥にあるのはお米の入った豚の血のソーセージ
「モルシージャ」です。



ここの「トルティージャ」大好きです。
ふわっとやわらかい。



ヘミングウェイの大好物だったという
「アホ・アリエロ」タラを野菜と煮込んだ料理です。

どれも美味しくて、
ここのお店は何を食べても満足。
私の大好きなお店のひとつです。
丸山 久美 / マドリッドへ / 09:04 / - / -


長い夜

8月8日のこと

スペインの夏の夜は長い。
なんせ、10時近くまで明るいのです。

それで何となく10時近くまで動いてしまう。
その上、夕食もそのあたりにする事も
多々あり。。。。
全くとれない時差ボケ状態に追い討ち!
暗くなってから疲れがどっと出ます。

「あーやっぱりシエスタ必須だなぁ」と
数日して気がつきました。
郷に入れば郷に従わねば。。体持ちません!

この日の夕方は
Quinta de la fuente del berro公園に
友人夫妻と次女と共に散歩に。



マラソンする人、散歩する家族、
ベンチで本を読んでいる人。
わんこ達。



公園内にある「ALKALDE」はバスク料理として
マドリッドでも名高いレストランの支店。
ここのテラスでお茶をいただきました。



すでにもう8時過ぎだけれど、
まだ明るくて散歩をしてお茶をしているなんて、
日本だったら3時のおやつの時間の感覚でしょうか?

それからサラマンカ地区にある
大好きなタパスバル「Estay」に
行くことになりました。
夜はこれからなのです。
丸山 久美 / マドリッドへ / 07:48 / - / -


オルチャータ

外でちょっと休憩。。という時は
「Horchata」を飲みます。



アイスクリーム屋さんのオルチャータ。
シャーベットタイプのもの。

原料は「chufa」カヤツリグサという植物。
日本でも野草として生息しているそうです。

スペインではその地下茎を挽き、水と砂糖を混ぜ
オルチャータを作ります。



甘くてナッツのような風味。
ビタミンCやEも豊富で、
夏バテには最適だそうです。



ハーゲンダッツのアイスクリーム屋さんでも
ついつい頼んでしまいました。
甘いわりには後味も良い。。

日本にもあれば良いのになぁ。。
冬のあったかいレモネード(アメリカの)と
夏の冷たいオルチャータ。

前へ
丸山 久美 / マドリッドへ / 06:31 / - / -


 
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE