丸山久美@mi mesa
焼きねぎ祭り
うれしいことに旅行社の方からツアーの企画を頂き、スペインへ行ってきました。
お教室の生徒さんとスペイン横浜協会の方、9名さまのご参加でマジョルカ島2泊、バルセロナ3泊の私にとって楽しく思い出深い旅行となりました(みなさんはどうだったかな。。)。

今回の旅の第一の目的は「焼きねぎ祭り」。
カタルニア地方タラゴナ県にある小さな村バイスで行われる年に一度のお祭りです。

バルセロナから車で約1時間、お祭り会場はねぎ、ねぎ、ねぎ!


このねぎはタラゴナの名産物。カタルニア語で「カルソッツ」と呼ばれ親しまれています。特にバイス産は原産地呼称保護下にあり、最高品質と言われているのです。日本で言えば、葉玉ねぎ・・いや、深谷、下仁田ねぎに近いものです。


品評会も行われていました。サイズに規定があるのでしょうが、長さ、太さも色々です。なるほど、上質な美味しそうなねぎに胸は高鳴ります!

というのも、このお祭りではこのねぎを真っ黒に焼いて、甘くやわらかくなった中心部を食べる「カルソターダ」という料理が食べられるのです!
本来のお祭りの名前は「カルソターダの大祭り」。まさにメインイベントはカルソターダを食べること!


このカルソターダに欠かせないのが「ロメスコソース」。カタルニア地方で愛されているソースで、トマト、アーモンドやヘーゼルナッツ、ニンニク、ニョラ(ドライ赤ピーマン)を乳鉢でつぶし、オリーブオイル、ビネガーで練って作ります。このソースをねぎにつけて食べるのです。


民族衣装に身を包んだ村の人たちがデモンストレーション。カルソターダを食べる前にロメスコソースの試食が楽しめます。


昨年、最優秀だったロメスコソース。トロフィーの中に入っています。今回色々なロメスコを試す機会がありましたが、これは本当に美味しかった。微妙な配分とオイルを混ぜるタイミング。人の手によって全然違うのですね。


途中、肉屋さんで羊肉とブティファラ・ソーセージを購入。


ねぎを焼くためのぶどうの枝を運ぶ馬車。こんな風に昔は運んでいたのでしょうね。

いよいよねぎが焼かれている場面に遭遇!
枝に火がつけられ、ずらっと並んだねぎがどんどん焼かれていきます。真っ黒になるまで!





チケットを買い(私たちはグループなので前もって予約しておきました)、袋と交換してもらいます。その中にはアルミ箔に包まれた真っ黒なねぎが!なんと12本もですよ〜♪ さらにスライスパンが1枚、ロメスコソース、オレンジ1個、赤ワイン1本。そしてよだれかけ→エプロン?。


広場に3列に長く並べられたテーブルにはもうすでにねぎと格闘している人たちでいっぱい。テーブルの空いているところを確保。袋からお宝たちを取り出し、エプロンをきりりと首に結び、ねぎとの格闘に突入!
ところがどうも下手らしく、何本目かで隣にいたスペイン人のグループに指南を受けることに!

 
ねぎの中心部を見つけて、まわりの黒こげの部分をするっと一度にむくのが正解。
そして手は炭で真っ黒になるが当たり前、決してビニールで手を包みながらなんて御法度。


ロメスコソースをたっぷりとつけ、ソースがこぼれないように上を向いて・・・・



お、おいしい〜〜♡ やわらかくって甘いねぎ、つるつる食べられてしまう!


好きなものを焼いて良いコーナーにて、買ってきたお肉を焼きました。パンを焼いてる人もいる〜


音楽隊にパレード、人間タワーに大食い競争などのイベントも盛り込まれ、小さな村はたくさんの人で活気いっぱい。


馬の口にはねぎが。。


こんな怖い顔のねぎキャラまでが・・




ワインは350mlのミニボトル。そしてエプロン。今年のお祭りに参加したといううれしい記念品。


カルソッツの魅力、充分に味わえた楽しいお祭りでした。

丸山 久美 / バルセロナへ / 00:59 / comments(0) / -


バルセロナの窓
毎日寒いですね。寒がりの私にとってはなんとも長い冬。いや春なんですが、冬の延長ですよねこの寒さは。マドリッドでも雨続きだったので、雨空はほんとうらめしい。ま、花粉症がほとんどなかった事を考えればこう文句ばかりも言ってられないかぁ。。

ちょっと自己満足過ぎて、つまらないかなぁ〜こんな画像。。
今回の旅行中にすっかりハマってしまった窓です。





これはグラシア通りにあるガウディ作カサ・バトリョの隣にあるカサ・アマトリェールの窓。代表的なモデルニスモ(アールヌーヴォー)の建物のひとつです。プッチ・イ・カダファルクの作品。天使が家紋を支えています。



バルセロナにはモデルニスモの建築物だけのツアーさえあるそう。
建築物に疎いので肝心の価値ある窓を見過ごしちゃってるかも。

上の画像もごく普通のアパートだと思います。全く素人感想しか言えませんが、いかにも室内の天井が高そうな長い窓に美しいバルコニーが素敵です。ヨーロッパの街並みに感心するのは街が景観の統一感を重視して構成されていること。きっと「色、高さを統一する」「洗濯物を干さない」などのことだと思うのです。

上ばっかり見上げてるわけじゃありません!ほら!バルセロナは歩道のアスファルトもおしゃれ〜!だってガウディのデザインですから。



<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 20:25 / comments(2) / -


最後の日の午後


バルセロナでこの赤い自転車に乗ってる人が結構いるなぁ、と思ったら、公共のレンタル・サイクルでした。年間パスが必要だから市民向けではあるものの、観光客も活用できるそうです。マドリッドでは自転車乗ってる人めったに見ません。残念だな。。自転車で駆け抜ける人達、それだけで爽やかで、街に活気の図。それにエコだもの。



時間ギリギリまでゴシック地区をブラブラ。
アンティーク通りのウィンドウ。
この細々したもの一つずつ見るの楽しい!
スペインらしい豪勢な刺繍のショール。。。綺麗。



ハーブは昔、薬でした。薬屋さんの入口です。



どうしても目に入ってしまうお菓子屋さんのお菓子たち。



スペインだねぇ〜♪ Ole!!
フラメンコとは関係ないけれど、色とりどりのフラットシューズ。

 

おしゃれなカフェテリア"Farga"のタパス。

 

バルセロナは短い滞在だったけれど、楽しかったな。またまた後ろ髪ひかれながらマドリッドへ。

帰りは格安航空会社Vuelingに初めて乗りました。親会社はイベリアらしいのですが、バルセロナを拠点として大人気。それもそのはず、スペインの新幹線Aveと比べたら、全然Vuelingの方が安いんですもの。でもあくまで手荷物オンリー(10kgまで)の料金です。預ける荷物があると別に10ユーロかかります。それ、あくまでもチケット予約時に申告した場合なんですよ。それをわすれたらなんと空港で倍料金20ユーロの支払いにアップ!!!

この夜は娘が鶏肉とじゃがいものオーブン焼きをたっぷり作って待っていてくれました。ふふふ。
久々に会ったリトルブッダは顔の腫れや白眼の充血がすっかりとれてすっかり元気な赤ちゃんに。この夜からまたわんこやにゃんこ達と寝る毎日が始まりました。

<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 17:33 / comments(2) / -


バルセロナふらふら #2
この日も清々しい晴天。空気は少し冷たいけれど散歩日和。



またゴシック地区に出掛けることにしました。



ランブラス通りは前日と同様、たくさんの人で賑わっていました。



お花屋さんには花の種や球根も種類豊富に並んでいます。楽しいですね。特に野菜の種!Acelga(不断草)2タイプとズッキーニの種を買いました。日本で芽が出るといいな。そして食べられるといいな♪

 

小鳥屋さんも出ています。インコがいっぱい。



お昼はちょうど近かったこともありJorgeが「ランチが美味しいよ」と言っていた"Dostrece"に行ってみました。このお店、スケルトンのシンボルマークがあったり、夜は下がディスコ(クラブ?)になるらしいからまさに若者向けのお店。メニューもワールドワイドなイメージ。



10.50ユーロでメニューを食べました。一皿目はカリフラワーのスパイス揚げにレンズ豆のサラダにアルファルファのサラダ。さらに2種類のソース付き。パンにも特製ディップ付き。



鶏肉とピーマンのソテー。デザートはヨーグルトクリーム。いやいや店のイメージとは違い、どれもスペインらしい料理だと思います。この日は外のテラスも埋まっていました。Jorgeの言うとおり美味しいランチメニューですよ!

<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 22:43 / comments(0) / -


バルセロナふらふら。
Mさん達は夜の明けぬ暗い時間にバルセロナをあとにして、パリへ。私のマドリッドへのフライトは夕方。
ホテルを遅めに出て近くのカフェで軽く朝食を済ませました。そしてアントニ・タピエスの美術館へ。

スペイン現代美術の大御所タピエスはバルセロナ生まれの生粋のカタルニア人。現在86歳の現役!その天才ぶりを今まだ発揮し続けています。



この美術館、外観がおもしろいのですが、撮ってなかった。。内装はタピエスのデザインだそう。白が基調のシンプルな造り。

ちょっとミニギャラリー。(実際の画は大きいものばかり!)



市民戦争に絶望しパリへ移り住んだタピエスは当時、仏教や道教を学び、書道にも魅了されたと言います。
抽象画や現代美術に造詣が深くない私ですが、この人の画、魅かれるものがあるのは東洋のエッセンスが含まれているからでしょうか。。



2001年の作品"Espirales y escritos"。



これ日本の国旗かと。。。でも白と赤の美しさを再確認させられます。



階段の窓には美しいステンドグラスが。

<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 21:54 / comments(0) / -


Fargas
ゴシック地区にあるお菓子屋さん"Fargas"。1827年創業というから日本では江戸時代後期。当時からバルセロナの人達に口福貢献してきた老舗です。



昔からの雰囲気を壊していないのが素敵です。
お菓子がガラスの入れ物に。



白いアニスキャンディに小さな薄型チョコレート。



コーヒーキャンディ。包み紙が素敵です。



狭い店内ながらも椅子が置いてあるのがまた素敵。年輩の方が座ったり、順番を待ってもらう時の小さな配慮。



<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 20:38 / comments(0) / -


カタルニア料理
私たちが泊まったホテルは小さいので、ロビーもコンパクト。上を見ると、あ!電気がアーティステイックで可愛い!

 

カサ・パトリョ。夜も綺麗です。画像ボケてますが。。



Jorgeが薦めてくれたいくつかのお店の中のひとつ"L'auca"へ。カタルニア料理が食べたいというリクエスト考慮のレストランです。私達のホテルから歩いて10分ちょっと。

カタルニア料理はスペイン料理の中でも興味深い料理が多いんです。地中海に面し、魚貝が豊富なのと同時に美しい山々と緑にも恵まれ食材に恵まれた地域。歴史的にも中世から港町としても栄え、色々な国との交流が盛んだったこともあり、料理法も他の地域と比べ個性的。海と山のものを合わせたり、お肉と果物を合わせたり、煮込みにチョコレートを加えたり。カタルニアのミシュランの星を持つエルブジもサンパウもこのカタルニア料理がベースなんですよ。

と大いに期待させての以下の画像って。。。画像が良くない上に撮り忘れもありまして。カタルニア料理の美味しさをもっと伝えたかったのに。。残念です。。



お店の名前の意味ですが、このような絵を言うそうなんです。う〜ん何て言うのかな?コマ画?
実はこのお店、ピカソが通っていたということで人気の"4gats"の姉妹店。観光客でひしめいているそのお店とは違ってこちらのお店は現地の人達だけ(この時だけ偶然かな?)。それにお客さんが少なく、お店の人が私たちの相手をしてくれてw随分と楽しい夕食となりました。



この夜は前日に続き、仕事帰りのJorgeが夕食に合流しました!
彼が美味しいととても喜んでいた突き出しのオリーブ。それもそのはず。これはカタルニアで採れる"Arbequinaアルベキーナ"。彼にとって馴染みの梅干しみたいなものかなぁw。ちょっと苦みがあるのですが、私はこのオリーブで作ったオリーブオイルが大好き。お酒はCavaカバ。スペインのスパークリングワインです。カバは食前からデザートまで楽しめるんですよ。



"Pan con tomate"は田舎パンにトマトがたっぷりとぬってあります。切ったり、つぶしたりしてパンにのせるのではなく、「ぬる」というのが美味しさの秘訣です。赤ちゃんが哺乳瓶の次に覚えるのがこのトマトパンの味というほどカタルニアの人には欠かせないものです。



"Cocaコカ″です。焼きピーマンと玉ねぎとアンチョビがのっています。どか〜ん!の迫力のコカですねぇ。郷土料理とは素朴なものです。パンはかりっとトーストされています。



"Canelonesカネローネス"はスペインではめずらしいパスタ料理です。古くからイタリアと交流があったカタルニアらしいですね。クリスマスやお祝いの日にと特別な日にも食べられているのですが、普段のおかずとしても親しまれています。お教室でご紹介したり、我家でも欠かせない料理です。

あ〜あ。。この画像はイタイですねぇ。イタリアのカネロネと同様、ラザニアより小さめのパスタでひき肉を調理したものをぐるりと巻いて、ホワイトソース、トマトソース、チーズで仕上げます(あ!イタリアには筒状のカネロネもあったかも)。



 "Bacalao con sofrito tradicional y alioli" 野菜を丹念に炒めたsofritoソフリートと干しダラの料理でアリオリソースをのせ焼いてありました。

これは私が選んだメインです。Jorgeは羊肉のオーブン焼き。マリちゃんは鴨肉、Mさんはカタルニア料理レストランなのに何故?というまぐろのタタキ・ごま・しょうゆソース添え!



しめくくりのデザートは"Crema catalana" カタルニアクリームをいただきました。

Mさん達は次の早朝にスペインを立ちパリへ。それでこの日の夕食が最後の晩餐となりました。私は夕方の便でマドリッドへ帰るので少し時間があるので1人で歩きまわることに。

<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 20:31 / comments(0) / -


スペインのお菓子
マリちゃんのお友達とランチの時に落ち合い、少し一緒に時間を過ごしました。バルセロナの某ホテルに赴任になり3年目という可愛いお嬢さん。



それにしても、どうしてこんなに甘いものが好きなんだろう。全く自制がきかず、歳を増すごとにますますわがままになってる。またまたランチ後、甘いものを求めて。偶然にもお嬢さんが連れて行ってくれたのは以前から気になっていた”CAELUM"。ここはスペインの代表的な地方菓子が揃っているといううれしいお店なんです。



こんな風にディスプレイされているので、食べたいものをここから選ぶこともできるのが楽しい。



私は果物の形をした"Mazapanマサパン"をチョイス。まるで和菓子の西王母みたい。味も今まで食べたマサパンよりやさしいお味。



伝統的なお菓子はほとんどが修道女が作り始めたものや作り続けているもの。スペインのお菓子と天使は大の仲良しなんです。



中央はカアルニア地方のお菓子"Panelletsパネジェッツ"。11月1日の聖人の日に食べます。と言っても最近はポピュラーになり、季節を問わず見かけます。周りにあるのは"Yemasジェマス"。卵黄で作ったお菓子でアビラのサンタ・テレサが名高い。



もうボロボロのメニュー。。。
お茶も種類が豊富でした。



今回、スペインのお菓子の素晴らしさを再認識しました。この旅のはじめサンジャック・ドゥ・リュズ(フランスバスク)の元祖マカロンを食べた時に「え?これってスペインのお菓子の味!」。そうです。スペインのお菓子は進化してないんです。昔のまんまで止まっちゃってる。例えばそのマカロンだってフランスでは今はあんなに素敵なお菓子に素晴らしく進化しているではないですか。なのに、スペインって。。。
でもそこが素晴らしいって最近思えるようになったんです。。。これ語ると熱くなる私。これからも懐古スペイン菓子を追求したいと思います!

<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 12:15 / comments(0) / -


バルセロナにて


旧市街のゴシック地区を歩きまわりました。このあたりは中世の頃の建物に通りがそのまま残っています。細い通りに入るとまるで中世に迷い込んだよう。



大聖堂は修復中。中に入り椅子に座りステンドグラスにしばし見入りました。



ピカソ美術館へ。
以前来た時とはすっかり内装が変わり、白を基調にしたモダンな雰囲気になっていました。



初めて訪れたのは20年以上も前でまだ私も20代。ピカソと言ったら抽象画の印象しかありませんでした。ところがこの美術館に入ったとたんに小さな頃に描いたというデッサンや本のイタズラ描きなどが並び、そのうまさに目が点になったのが昨日のようです。それからはピカソにぞっこん。この美術館は私にとっては特別な存在になりました。あれ?でもデッサンや子供の頃の絵が以前と比べて減っていないかな?



今回はJorgeホルヘにいくつかお店を紹介してもらいました。それも誌面にフードコメントを書いているという同僚のおすすめです。そのひとつに調度ゴシック地区のレストランがあり、早速ランチに。名前は"PATXOCA"。トラディショナルな料理をベースにしたフュージョン料理。カジュアルなお店です。小さなお店ながら地元の人で賑わいとても活気がありました。こういうお店大好き!



Menú del día(定食)を食べました。一皿目はきのこのオムレツ、二皿目に牛肉の煮込みをチョイス。カジュアルな料理ですが、まさにスペイン人が家庭で食べている料理です。伝統的なスペイン料理に飽きた人にはおすすめです!

この後、地方の伝統菓子をそろえた"CAELUM"に。

<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 17:53 / comments(0) / -


バルセロナのお昼

日本に戻りました。旅行備忘録がすっかり速度を落としてますが、また少しずつアップしていこうと思っています。

マドリッドで友達の「”サン・ミゲル市場”がすごく変わったよぉ〜」という言葉に魅かれつつも、今回は行く機会を逃してしまいました。サン・ミゲル市場と言えば街の中心にありマヨール広場などに程近く観光中にも立ち寄りやすい場所。昨年美しく改装され一変したそうなんです。ガラス張りの外装に中にはバースタンドがあったりフレッシュジュースの店があったり、昔ながらのマドリッドらしい外観をデザインしながらも集客を意識した今風の気遣いがちりばめられている様子。

今回バルセロナで立ち寄ったサン・ジョセップ市場、通称ボケリアと呼ばれている市場はまさにそのお手本となったものと想像しました。なんて思いながら特に目についたものは。。



秋に行ったNYでも私、このベリーセットには羨望の眼差しでした。あ〜これが日本のお店で簡単に安く手に入ったらどんなにいいだろう。。



ザクロ!!こうやって実だけパックにしてくれるのってうれしい。スペイン語では”Granadaグラナダ”。アンダルシアの地名とも重なり、なんともロマンチックな響きです。



スペインの人達にとって決して定番フルーツとは言えない南国ものがこんなにたくさん!それもカットされスプーン付きって、観光客にすごく親切。地元の人もこれ便利ですよね。



色とりどりのフルーツジュース。楽しい♪特に夏の疲れた観光客の喉を大いに潤してくれるんでしょうね。



きのこの数々。マドリッドでも見かけることはありますが、流石に本場カタルニアには脱帽だと思います。



市場内にあるバルは鮮度で勝負。



お菓子屋さんのチョコレート。よく目をこらすと思わず微笑む可愛いものも。こんな風に少ない量でも素敵な袋に入れてくれます。

市場はワンダーランド。楽しいですね。

<前へ
丸山 久美 / バルセロナへ / 09:29 / comments(3) / -


 
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE