丸山久美@mi mesa
<< 10分で「本格タパス」発売です! main 修道院を訪ねて  >>
赤ピーマンの詰めもの
 ほんの少し早めに梅雨が明けて、盛夏到来!と思いきや、昨日、今日とまるで秋のような涼しさですね。涼しいうちに気になっていたあそことあそこの掃除をやった方がいいかもしれないな。。。

今夜はチーム・ハラペコのメンバーとうなぎを食べに行きます。土用の丑の日より1週間早目となりましたが、うなぎ好きにはここ数日落ち着かないほどの待ちに待った夏のイベントです。いや、買って食べればよいのですが、絶対美味しいうなぎを土用の丑の日にというへんな意地炸裂。

しかし今年もシラスウナギの不漁で価格が高騰。うなぎ屋さんは値上げを余儀なくされお客さんの入りが厳しいようです。。実は仕入れ値の高騰で、品薄かと思われがちだが、提供量は確保している・・とか新聞に出ていました。

スペインはどうなんでしょう・・・不漁なんだろうか・・
スペインではウナギの稚魚をアヒージョにしたバスク料理も有名ですが、大きくなったうなぎもAnguilaと呼ばれ食べられています。バレンシアにはうなぎとじゃがいもをにんにく、トマト、アーモンドなどで煮込む "All i Pebre"という郷土料理があります。ちなみにうなぎはぶつ切りです。パエリャにも入ります。ガリシア地方にはワイン煮も。
晩春から年末にかけて市場でも見かけるようですが、私が住んでいたマドリッドでは数回出会っただけでした。養殖ではなく天然産ですから、脂が少なめ。でも本来の美味しさに開眼します・・スペインのうなぎ。

そのかわりというか、あなごCongrioがよく手に入り使っていました。が、それがまたすごく太く、巨大。多い骨が問題ありでした。。これもまた魚屋さんでぶつ切り、筒切りにしてもらいます。あなご料理、スペインにはけっこうあるんですよ。

あれ、うなぎの話をするつもりではなかった(>_<) 
今日は赤ピーマンの詰め物のメニューを。


赤ピーマンはオーブントースターで全面を焼いて皮をむき種を取り除きます。
ひき肉はオリーブオイルでにんにくと一緒に炒めて、クミンとしょうゆで隠し味。ごはんと混ぜ合わせます。冷ご飯だったら一緒に炒めても良いし、チンして混ぜ合わせも良いです。
そのごはんを赤ピーマンに詰めます。
ブランチに可愛いレシピです。たっぷりのサラダと合わせて。
丸山 久美 / レシピ / 14:33 / comments(0) / -


コメント
コメントする









 
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE